日本イザイ協会 ロゴ

日本イザイ協会

イザイ関連情報 

Violinist Noe Inui ;about the appeal and value of Ysaye

2017.4.24 

12234922_555654687920472_747254554490482505_n

★ヴァイオリニストNoe Inuiさんがイザイの魅力に
ついて等、熱い想いを語ってくれました★http://noeinui.com/ja/

Noe Inuiさんは2013.11.6にベルギー王立図書館主催コンサートに於いて、イザイがヴァイオリンとピアノの2重奏に編曲したショパンのピアノ曲「バラード1番」(永田郁代校訂版)をピアニスト Vassilis Varvaresosと初演しました。
ソリストとして活躍する彼は数々のイザイ作品を演奏しています。
Violinist Noe Inui spoke with great passion about the appeal and value of Ysaye.
At a concert on 6th November 2013 hosted by Royal Library of Bergium , for the first time he performed Ysaye’s arrangement for violin and piano of Chopin’s Ballade No. 1, revised by Ikuyo Nagata with Pianist Vassilis Varvaresos.
As an active soloist, he performs many of Ysaye’s works.

「ウジェーヌ・イザイはヴァイオリンと音楽の歴史に偉大な遺産を残した。

彼の作曲したヴァイオリンソロのための6曲のソナタは世界中で頻繁に演奏されており、バッハのソナタ3曲とパルティータ3曲を「旧約聖書」とするのなら、それに対する「新約聖書」とみなしてもいいだろう。

その他の演奏可能な曲目も宝箱のようだが、過小評価されてしまっている。

欧州における2つの世界大戦では、多くの国々で文化的生活が大きく損なわれた。20世紀最悪の戦争の最前列に立っていたベルギーでは、文化的イベント、特にコンサートのような特権的なイベントを楽しむ余裕はほとんど無かった。第二次世界大戦後は困難な環境が重なり、イザイの演奏曲目が再び世界中で演奏されるようになるまでには少なくとも20年の月日を要した。
フランス音楽界のトップとその信奉者たちは、「ドイツ人風のロマンチスト」になった同胞を無視し続けてきた。

イザイの作曲作品はヴァイオリニストのための全ての教育プログラムで必須とすべきだと、私は思う。フランク、ルクー、あるいはショーソンといった音楽仲間達が作曲した様々な曲、そしてそれらの作品と似た様々な曲が、ヴァイオリン演奏曲目全体により広い側面を与えている。

ヴァイオリンとピアノに加え他の楽器編成にとっても、イザイの演奏曲目を構成する作品は色彩豊かで想像力に富んでおり、あらゆる上演プログラムにおいて常にハイライトに位置づけられる。

ロマン主義が印象主義を取り入れて輝きを増したことで、イザイは20世紀の音楽の演奏曲目における道しるべ的な存在となっている。ヴァイオリニストにとっては、確実に世界の「救世主」的な存在だろう。

イザイの幻想的な調和の世界を知ることは、唯一、聴衆を魅了しその心を一つにできるという点で、パガニーニやリストを初めて知った時にもたらされる印象に匹敵する。

私はこの素晴らしい作曲家に対し、心を込めて大きな声で言わせていただく。イザイは黄金期の頂点を象徴する存在だと!」 Noe Inui

Eugène Ysaye has left a great legacy in the history of violin and music. His 6 sonatas for violin solo a very often played worldwide and could be considered as a „new testament“ opposed to Bach’s 3 Sonatas and 3 Partitas which would stand for the „old testament“. The rest of his repertoire is a jewelery box which is underestimated. Both worldwars in Europe damaged in a large way the cultural life in many countries. Belgium being on the front row of the century’s worst wars, cultural events, especially concerts were a privilege only few could afford. Combined to difficult circumstances after WW2 Ysaye’s repertoire needed at least 2 decades to be represented again worlwide. On top the french music world and its supporters had always neglected their „germanised romantic“ compatriots. I think that Ysaye’s repertoire should be obligatory in all conservatorie’s programs for violinists. The variety of pieces and ressemblances to works from collegues as Franck, Lekeu or Chausson are bringing a wider aspect on the whole violin repertoire
he colorful and very innovative pieces from Ysaye’s repertoire for violin and piano and further formations are always a highlight in any program. Romanticism lightened with Impressionism. Ysaye represents a mile stone in the musical repertoire of the 20th century. For violinist the word ?mesiah“ would be certainly appropriated. People should be aware that uncovering Ysaye’s fantastic harmonic world equals the first emotions you had by discovering Paganini or Liszt. Singular in their ways, universal by their ability to unite and fascinate people. I warmly encourage a greater exposure to this wonderful composer who represents the peek of a golden age!
Noe Inui

ページトップへTOP