日本イザイ協会 ロゴ

日本イザイ協会

イザイ関連情報 

2016年12月22日@北九州黒崎ひびしんホール<ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサート>

2017.1.30 

皆様のご支援により盛大な会を開催する事が出来ました。心より感謝申し上げます。Great success!Thank you for your support

15673046_1186594854729020_887423883111674949_n

 

15697388_1186591661396006_1586662081136117684_n

15589973_1186591684729337_3486151668443332145_n

15590035_1186591584729347_3513374987397051808_n

15665891_1188110094577496_7803729881834320031_n

お客様の感想★

2016年12月23日 ・ 福岡県 糸島市 ・桃井謙の感想をシェア 「昨晩行ってきました。 お目当は最近気になるチェリストの伊藤悠貴くんが出演するという事で。 実を言うと、イザイだけのしかも無伴奏ソナタ中心の全くもってマニアックなプログラムに少々及び腰でした。 イザイの印象はパガニーニ同様、自己の比類ないヴィルティオーゾを誇る腕自慢の為の作曲家で、無伴奏ソナタならバルトークのほうが哲学的では?と思っていましたが、聴いてびっくり。同時代の最先端なドビュッシーのような音楽を存分に取り込みつつも奥行きがしっかりある音楽が展開していて、後のショーソンがインスピレーションを受けてあの詩曲を作曲したというのも大いに頷けました。 また初期のウェーベルンを彷彿とさせる得体の知れない響きがたまに聴こえてきたり。一方で古典的な技法を思わせる構成だったり。 そう言う内容的なものをしっかりと裏打ちさせる演奏家の卓抜したパフォーマンスに舌を巻くばかり。長時間の楽曲でも飽きさせない堂々とした弾きっぷり。高い集中力でのめり込むような演奏に聴いている側も吸い込まれそうになる、、、そんな密度の濃い時間だったのは間違いないでしょう。 印象的だったのは遺作と言うヴァイオリンduoソナタ、悲しみの詩曲、無伴奏ソナタバラード。 またヴァイオリンの南紫音さん本当に素晴らしかった。弾き始めの最初の一音で場の空気側変わる。ああいう緊張感いいですねー。 お目当の伊藤くんの輪郭のはっきりしたチェロの音色も良かった。 今年最後の演奏が「当たり」で本当に良かった(^^)」

ページトップへTOP