日本イザイ協会 ロゴ

日本イザイ協会

イザイ関連情報 

イザイと親しかった名匠たち★ダルクローズ

2021.1.9 

イザイと親しかった名匠たち★ダルクローズ(Émile Jaques-Dalcroze, 1865 – 1950)★
ウィーン生まれでスイス育ちの作曲家でリトミックの創始者。
イザイにヴァイオリン協奏曲第2番「Poème」を献呈(画像)、ダルクローズ夫妻は各地でのイザイによる演奏に同行(画像)。イザイの運指運弓が書き込まれたパート譜(画像)も残っている。日本のヴァイオリニストに弾いて頂きたい曲です。
ダルクローズは、人間誰しも持って生まれた体のリズムを意識させる教育法を生み出し、そのメソードは20世紀初頭から現代まで日本、世界各地の教育機関で実践され音楽教育に大きな影響を与えている。
音楽が体の動きに基づくことを発見したダルクローズの思い出ノートより☆下の仏文を抜粋して和訳しました。
***************************
■イザイは、暗闇で目を閉じてテクニックを練習し、根本的な体の動きや目に見えないことを体で感じ取るようにしていた。
■「誰にチェロを歌わせることを学んだのか?」と聞くと「イザイから学んだ」とカザルスは答え、大変イザイに敬意を抱いていた。
■作品のアイデアと音楽的感情を長い時間をかけて、辛抱強く、知的に、細心の注意を払って完全に沁みこませなければならない。そして、技巧を完全に忘れるほど、夢中になって演奏する、言いかえれば、別の自分(高められた自分)が演奏するのである。普遍的な存在は私たちにしみいり、導き、さとし示すでしょう。(イザイの言葉)
****************
➀Emile Jaques-Dalcroze rencontra très jeune son ami Eugène Ysaÿe, pour qui il écrivit son deuxième concerto pour violon et dont il fut l’accompagnateur – notamment en tournée. Il écrit à son sujet: “Il aimait travailler sa technique dans l’obscurité ou les yeux clos, pour mieux – disait-il – remonter à la source des mouvements physiques.” Il ajoute plus loin: “Casals avait une grande admiration pour Ysaye et comme je lui demandais un jour qui lui avait appris à faire chanter son violoncelle, il me répondit: “J’ai appris cela en écoutant Ysaye”.” (“Souvenirs, notes et critiques”, Attinger, 1942)
②Il faut être si entièrement imprégné de l’idée et de l’émotion musicale d’une œuvre longtemps, patiemment, intelligemment et méticuleusement étudiée, qu’en l’interprétant on oublie complètement la technique que l’on s’est imposée. . .[sic.] On joue sans savoir ce qu’on fait. Autrement dit, c’est un autre moi (un moi supérieur) qui joue et c’est l’être universel qui nous pénètre, nous dirige et nous révèle à nous-mêmes.»Émile Jaques-Dalcroze, Souvenirs: Notes et Critiques (Paris: Editions Victor Attinger, 1942 )
****************

ページトップへTOP