日本イザイ協会 ロゴ

日本イザイ協会

トップページ > 主催事業

 ★楽譜出版記念コンサート2019

イザイとショーソン ふたりの絆が生んだ至高の音楽

2019年11月23日(土・祝) 13時開場 14時開演  東京藝術大学奏楽堂

チケット全指定席 前売3500円(当日4000円)  コンサートHP http://ysayemusic.webnode.jp

主催 日本イザイ協会

後援 ベルギー王国大使館 /ベルギー王国 フランス語共同体政府 国際交流振興庁 /公益財団法人アーツフランダース・ジャパン/外務省 /日本・ベルギー協会 /桐朋学園大学 /東京藝術大学音楽学部  /一般財団法人日本チェロ協会 /公益社団法人日本演奏連盟

出演

Vn.加藤知子 Tomoko Kato 

Vn.戸田弥生 Yayoi Toda 

Vn.大江馨 Kaoru Oe 

Vla.佐々木亮 Ryo Sasaki 

Vc.伊東裕 Yu Ito 

Pf.藤井一興 Kazuoki Fujii

 

********************************************************************************************** 

💛ロクサンヌ・ドゥビルデルリング駐日ベルギー王国大使よりメッセージを頂きました。

【Message  from Ambassador of Belgium Roxane de Bilderling】de Bilderling Roxane

日本イザイ協会は、ベルギーの著名なヴァイオリン奏者で作曲家であるウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の生誕160年を記念し、昨年「イザイ音楽祭ジャパン2018」を開催し大きな成功を収めましたが、今年もまた日本の聴衆にイザイの音楽に触れる機会を与えてくださいました。

イザイは同時代の作曲家の多くと深い親交で結ばれていましたが、今回は特にエルネスト・ショーソンとの深い友情に光をあてたコンサートとなりました。演奏にあたっては、国際的に活躍する日本の名手がこの時のために集まってくださいました。

イザイとショーソンという二人の作曲家の音楽から生まれる静かで詩情あふる世界は、必ずや聴く人を楽しませてくれるでしょう。ヴァイオリン奏法におけるベルギー楽派の大家として称賛されるイザイの功績は、今なお新しい世代の音楽家に影響を与え続けています。

ベルギーのひとりの芸術家を情熱を込めて紹介し、日本とベルギーの文化の絆を深めてくださる日本イザイ協会にお祝いを申し上げます。

 

どうぞすばらしい音楽のひとときをお過ごしください。

 

ロクサンヌ・ドゥビルデルリング

駐日ベルギー王国大使

 

After the great success of the “Ysaye Music Festival Japan 2018” which celebrated the 160th anniversary of the birth of famous Belgian violinist and composer Eugène Ysaye (1858-1931), the Ysaye Society of Japan offers the Japanese public a new opportunity to enjoy his music.

This year’s concert will highlight Ysaye’s close ties with many composers of his time, including Ernest Chausson. It will also feature internationally renowned Japanese performers who will come together especially on this occasion.

I am convinced that the audience will appreciate the serenity and the poetry that emanates from the works of these two composers. Eugène Ysaye is acclaimed as a great master of the Belgian school of violin performance and his legacy continues to inspire new generations of musicians.

I congratulate the Ysaye Society of Japan for promoting a Belgian artist in such a passionate way and thereby, the already close cultural ties between Belgium and Japan.

 

I wish you a pleasant musical afternoon.

 

Roxane de Bilderling

Ambassador of Belgium

 

 

 

 

 

              

*************************************************

 

0001 (17)

 

 

 

0001 (18)

 

 

 

0001.jpg オペラハウス表

 

 

 

 

チラシホール_裏 太字 (1)

 

Program

①ショーソン;コンセールop.21 Ernest Chausson; “concert”

 戸田弥生・ 加藤知子 ・大江馨・ 佐々木 亮・ 伊東裕・藤井一興

②E.イザイ-A.クニャーゼフ;チェロ編曲版;ポエム・エレジアクop.12

Eugène Ysaÿe ; arr.Alexander Knyazev “Poeme elegiaque”  Cello version

伊東裕・藤井一興 japan premiere 

③E. イザイ;エクスタッセ op.21

E.Ysaÿe ; “Extase”

加藤知子・藤井一興  japan premiere

④イザイ版に基づくショーソン;詩曲op.25室内楽編曲版

Chausson;Ysaÿe-Nagata ;Chamber music arrangement version based on Ysaye version

 加藤 知子・戸田弥生・大江馨・ 佐々木亮 ・ 伊東裕・藤井一興  world premiere

***********************************************************************************************************************************

 クラウドファンディングによる応援をよろしくお願いします。https://readyfor.jp/projects/ysaye

*************

ウジューヌ・イザイ(1858~1931年)は19世紀から20世紀にかけて活躍したベルギーの天才的ヴァイオリニストで、作曲家兼指揮者としても当代の音楽家たちに多大な影響を及ぼしました。しかし、現代ではごく一部の作品を除いて演奏される機会が必ずしも多いとは言えません。日本イザイ協会は、彼の作品や彼が演奏家として関わった作品が幅広く親しまれることを目指してイザイ作曲「ポエム・エレジアクop.12」のチェロ編曲版と、イザイと親交のあったエルネスト・ショーソン(1855~1889年)が作曲した「ポエム(詩曲)op.25」のイザイ版をもとにした室内楽版編曲を手掛け、2019年4月と5月に2作品の楽譜を出版いたしました。編曲楽譜出版は世界で初めての試みとなりましたので、この好機に、期待される若手を交え日本の名手たちによる初演を楽しんでいただきます。「ポエム・エレジアク」チェロ編曲版では、チェロの大きさと音域から豊かに響く音色を味わい、「ポエム」室内楽編曲版ではオーケストラ伴奏でなくても少人数で繰り広げるアンサンブルの喜びを感じていただく趣向です。ヴァイオリンの可能性や魅力を大きく開花させ発展させたイザイの音楽の魅力や美学の源泉に触れ、幅広い世代の人々と心豊かな芸術を分かち合う機会をもつことを目的とします。

 

 

【出版プロジェクト2019 】our publishing project

第1弾     

イザイに関係する二つの楽譜を世界初出版します。

第1弾   2019年4月15日発売

【イザイ:ポエム・エレジアクop.12 チェロ編曲版】

チェロとピアノ用

編曲・運指運弓/ アレキサンドル・クニャ-ゼフ Alexsander knyzev
校訂 監修/ 永田郁代  Ikuyo Nagata

献呈/ Michel Ysaye

出版元/ 日本イザイ協会 

 😀 楽譜購入先 https://www.amazon.co.jp/dp/4991063000 

★【Ysaÿe:Poème élégiaque, Op.12】Arrangement for cello and piano

Dédite Michel Ysaÿe

Adaptation for cello by Alexander Knyazev

Fingering and Bowing by Alexander Knyazev

Edited by Ikuyo Nagata

Publisher/ Ysaye Society of Japan

ポエムエレジアク表紙design_birdmono2

イザイスコア.indd

www.alexanderknyazev.com アレキサンドル・クニャーゼフHP

ウジューヌ・イザイの作品番号のある21曲のうち、8曲に”ポエム”という副題が付けられています。それらの音楽的特徴は自由な形式において、協奏的作風やヴィルティオジティを取り入れ、ヴァイオリンの魅力を最大限に活かし、イザイの思考や理念を具体的なかたちで表した作品といえます。
「ポエム・エレジアクop.12」は,イザイが”ポエム”をもとにした作曲への情熱に火をつけた作品です。シェークスピアのロミオとジュリエットの悲劇に着想を得て1892年(34歳)にヴァイオリンとピアノのための作品として作曲され、近年多くのヴァイオリニストが好んで演奏・録音しています。チェロでの演奏はロシアの名チェリスト、アレキサンドル・クニャーゼフ氏がヴァイオリンパートをチェロに置き換えて演奏した2010年の録音があります。クニャーゼフ氏の了解のもとこの録音から採譜し、さらにイザイの自筆譜(ベルギー王立図書館蔵)に残された精緻な表現記号などから、イザイのこの曲に寄せる想いや意図の再現に努めました。チェロパートの運指・運弓についてはクニャーゼフ氏が自らすすんで書き込みをしております。この度の出版は、クニャーゼフ氏のご協力がなければ成し得ないことで、大変感謝しています。 チェロ、ピアノ共に大変弾き応えのある曲です。 (永田郁代)  

55576204_10216822955318231_7050576136534753280_n (2)

↑2011年にリリースされたCD

★第2弾  令和元年5月1日発売 イザイ版を基にした【ショーソン:ポエムop.25 室内楽編曲版】

😀 楽譜購入先/http://www.amazon.co.jp/dp/4991063019

ソロヴァイオリン、弦楽四重奏、ピアノ

監修/ 加藤知子

編訂/ 永田郁代
献呈/ Jacques Ysaye

出版元/ 日本イザイ協会

★【E.Chausson: Poème basé sur la version E.Ysaÿesolo violin,quartet,piano

Dédite Jacques Ysaÿe

Supervised by Tomoko Kato

Edited by Ikuyo Nagata

ポエム表紙_library (3)最終

IMG_20190420_0005_NEW

ヴァイオリニスト加藤知子⇒http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=115/

今回 ご縁があって詩曲の監修をお引き受けし イザイ版に出会えた事 それは私にとって 本当に幸せな出来事でした!

六重奏という珍しい編曲での出版となりますが ソロパートはイザイのピアノとの二重奏版を基本に監修いたしました。
イザイの楽譜には とても細かく書き込みがあり 弓、指使いを見るとその演奏家の解釈が分かります。
チェックが進むにつれ どんどんイザイの詩曲の世界に引き込まれ、情熱的で 時には切なく奏でるバイオリンの音が聞こえてくるかのようでした。
当時の演奏スタイルや香りも感じられ 正直 取りかかる前は 時間も無いし少々面倒 と思っていた作業が 嬉しさ の時間に変わったのです。
演奏家として、また教育者としても偉大な音楽家だったことを再認識させられました。
現在日本でイザイは 無伴奏ソナタは有名ですが パガニーニ、ヴェニアフスキー サラサーテ クライスラー等のバイオリニスト達ほど認知度が高いとはいえないのが現実です。
そのような中で 六重奏という編成ですが 絶版となり お蔵入りになっていたショーソンのイザイ版の楽譜が復活する事は大変意義深く 貴重なものとなるでしょう 。
この企画を機にイザイの素晴らしさ 凄さを少しでも広く皆様に知って頂けることを願っています。
驚くほどの情熱で 出版のために奔走された イザイ協会会長の永田郁代さんにお声をかけて頂き 素晴らしい体験を頂いたこと感謝申し上げます。
ありがとうございました   加藤知子

ショーソンの「ポエムop.25」室内楽編曲版について    

ウジューヌ・イザイ(1858~1931)は、エルネスト・ショーソン(1855~1899仏)の「ポエムop.25(1896年)の作曲に深く関わり、各地で演奏して作品を世に知らしめました。ショーソンの初期の傑作「コンセール」に感銘を受けたイザイ、イザイの「ポエム・エレジアクop.12」に触発されて「ポエムop.25」を作曲したショーソン、ふたりの天才的な芸術家が影響を受け合い音楽史上重要な作品を遺しています。

「ポエムop.25」作曲からわずか3年後の1899年にショーソンは亡くなってしまいましたが、イザイは作品に若干の手を加え、イザイ版といわれる「ポエムop.25」を演奏したそうです。イザイ版は孫ジャック・イザイの監修で、1996年にベルギーのイザイ出版から500部が刊行されましたが、その後増補されることはありませんでした。

当室内楽版(ソロヴァイオリンと弦楽四重奏+ピアノ)のソロヴァイオリンパート譜はイザイの意図が込められたイザイ版のヴァイオリンパートを踏襲し、イザイが精緻に書き込んだ運指運弓、演奏に関する指示をそのまま表記しました。イザイ版のスコアとヴァイオリンパート譜との間でみられる記譜上の若干の食い違いや不明確な情報については訂正を加えています。また、米国議会図書館蔵のショーソンのオーケストラ伴奏版自筆譜や、ジュネーブ音楽院図書館蔵の作者不明の室内楽編曲版手書き譜(未出版)も参考にしています。ショーソンの原曲とイザイ版のソロパートの違いについて、演奏者が比較判別できるように譜例を付記しました。編曲に際して、ヴァイオリニストの加藤知子氏が監修しています。

今回の編曲は、イザイやショーソンの深い絆や功績を振り返る良い機会となりました。イザイ出版はすでに廃絶していますが、出版当時のイザイ版楽譜に添えられた編集者のコメントを要約して、楽譜の「あとがき」でご紹介しております。     (永田郁代)   

生誕160周年記念【イザイ音楽祭ジャパン】2018

2018年10月18日~23日

主催・日本イザイ協会 Ysaye Society of Japan  共催・ベルギー王国大使館 Embassy of Belgium in Japan

後援・ワロン地域政府貿易外国投資振興庁 在日フランス大使館/アンスティチュフランセ  外務省 日本・ベルギー協会 福岡県

2018年はベルギーのヴァイオリン奏者で作曲家、またヴァイオリン奏法におけるベルギー楽派の第一人者として名高いウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の生誕160年にあたります。イザイが残した偉大な功績はその弟子たちに伝えられ、今なお新しい世代の音楽家に影響を与え続けています。

生誕160周年を記念し、日本イザイ協会は、共催の在日ベルギー大使館とともに、「イザイ音楽祭ジャパン2018」を福岡(10月18日)と東京(20日)で開催いたします。この音楽祭は、2017年にベルギーで行われた「クノック・イザイ国際音楽祭」との綿密な連携と協力により準備され、ベルギー、フランス、そして日本より、トップレベルの音楽家を迎えて開催されます。

「イザイ音楽祭ジャパン2018」は、ベルギーと日本の文化による絆をさらに深める音楽イベントとなると確信しています。音楽を愛する多くの方々に、イザイの世界に親しみ、楽しんでいただけることを願っております。

ギュンテル・スレーワーゲン  駐日ベルギー大使

イザイ音楽祭ジャパン2018ホームページ↓

http://ysayemusicfestivaljapan5.webnode.jp

43691092_10156258756213371_5973623541013151744_n

曲目-343879041_10156258756378371_5580977815496425472_n

ysaye_japan_ Masterclass Poster-5 ysaye_japan_23july2

*************************************************************************

*******

26731199_10214119914965957_6881045165530399637_n

2018年はイザイ生誕160周記念です。

これを記念して、「イザイ音楽祭ジャパン」を2018年10月に東京と福岡で開催します。

2018年10月18日:コンサート  FFGホール(福岡銀行本店地下) /19時開演
2018年10月20日:コンサート  東京文化会館小ホール /19時15分開演

2018年10月22日:講演&パネルディスカッション 桐朋学園大学仙川キャンパス333室

2018年10月23日:マスタークラス 東京藝術大学第1ホール

 

 

 

◆主催コンサート◆

イザイ生誕160周年記念特別企画

2017年12月9日19時開演@かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール

flyer_A4_04_Page_1 (2)

★日本・ベルギー友好150周年記念公式催事 【ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサート】 in北九州 & inブリュッセル

●2016年12月22日「ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサートシリーズin北九州」

黒崎ひびしん大ホール

Vn.南紫音 Vn.弓新 Vn.会田莉凡 Vc.伊藤悠貴 Pf.永田郁代 

●2016年11月18日「ベルギーの至宝・イザイの名曲コンサート in Bruxelles」 

楽器博物館コンサートホール Musee des Instruments de Musique 

Vn.NoeInui Vn.弓新  Pf.永田郁代

●2016年10月19日 「ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサートin北九州」

 Vn.会田莉凡 Vn.福崎雄也 Vn.松本さくら Vc.伊藤悠貴 Pf.永田郁代 

 北九州芸術劇場小ホール 19時開演

15673046_1186594854729020_887423883111674949_n

ysaye_20161118

◆主催コンサート◆

★ショパンとイザイの「バラード」をめぐって【Vol.2】

2016年3月13日(日) 14時30分~ 
東京藝術大学第6ホール

 

日本イザイ協会による企画第2弾となる今回は、ショパン作曲の『バラード第1番』と、その、イザイによる編曲版(ヴァイオリンとピアノのデュオ)、そして、イザイ作曲の『無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番・バラード』の関連性を、演奏とレクチャーの両面から探っていきます。「ピアニスト・ショパン」が作曲したバラードと「ヴァイオリニスト・イザイ」が作曲したバラードには、ヴィルトゥオーゾ演奏家として活躍した2人の作曲家ならではの特性がそれぞれ現れています。イザイは、ショパンの個性的なバラードを学ぶことで、ショパンのバラード観を受け継ぎつつも、みずからの個性を盛り込んだバラードを作り上げました。全部で6曲ある無伴奏ヴァイオリンソナタのうちの1曲でありながら、同時に、イザイなりのバラード観が示された興味深い例がここにあります。そして逆に、イザイのバラードを通して、ショパンのバラードを再発見することも出来るのです。当日は、素晴らしい演奏を聴かせて下さる岡本さんと江口さんに、演奏家としての視点からお話を伺いながら、ショパンとイザイという、意外な組み合わせによる作曲家のバラードの魅力について、探っていきたいと思います。

レクチャーコンサートVol2 おもて 2-2

<お申込み方法>

参加ご希望の方は演奏会参加費用を下記へお振込みください。
ゆうちょ銀行振込受領書が当日の“入場許可証”となりますので、会場の受付にご持参ください。

<振込先>

※振替口座(日本イザイ協会)
01790-4-128453

※備考欄に連絡先電話番号・メールアドレスをご記入ください。
後日、お知らせをいたします。

◆主催コンサート◆

★ショパンとイザイの「バラード」をめぐって【Vol.1】

2016年1月16日(土 )  14時30分~

ドイツ文化会館 OAGホール (東京都港区赤坂7-5-56)

Vn.Mie Kobayashi 小林美恵  Pf.Akira Eguchi 江口玲

レクチャーコンサートVol.1 おもて Final

1913362_788328337868585_296976046888288868_o

2016年1月16日(土)東京ドイツ文化会館 OAGホール 14時30分~ 

プログラム

 イザイ:子供の夢 op.14
 ショパン:バラード第1番 op.23
 ショパン(イザイ編曲):バラード第1番 op.23
 イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番「バラード」 op.27

ほとんど『無伴奏ヴァイオリンソナタ』のみでしか知られていない作曲家・ヴァイオリニストのイザイは、ショパンの『バラード第1番』をヴァイオリンとピアノのデュオに編曲しています。バラードという器楽曲のジャンルそのものを代表する名曲の一つであるショパンのこの作品、イザイによるこの作品の編曲版、そして、イザイの『無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番・バラード』の3つの「バラード」を通して見えてくる共通点と差異、影響関係を、演奏と解説を通して探っていきたいと思います。そのことにより、ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾとして語られることの多いこの音楽家の、作曲家・編曲家としての業績の偉大さがクローズアップされてくるはずです。

【関連コンサート】

★イザイ生誕160周年記念 米元響子&塚本直美リサイタル 2018年10月6日 @スタブロー・ベルギー

Affiche concert ChBM 2018

★イザイ国際音楽祭(Ysaye’s Knokke)

イザイ音楽祭がベルギーのクノック・ヘイストで4日間にわたり、フィリップ・グラフィンPhilippeGraffin芸術監督の企画で開催されました。

★藍野大学・学校法人藍野学院 主催
日本イザイ協会特別企画・ベルギー大使館後援
(藍野学院)イザイの音楽と心理学_チラシ_最終-1(藍野学院)イザイの音楽と心理学_チラシ_最終-2
8月11日(祝)14時開演★コンサート&講演★ 
入場料1000円当日1500円(チケット代金はすべて特定非営利活動法人AMDAへ寄付されます)

Vn.南紫音Vn.岡本誠司Pf.田村響(敬称略)新進気鋭の演奏家たちによるイザイ作品の演奏、そして世界の精神神経学会をリードする武田雅俊藍野大学学長(当協会理事)が心理学と医療と音楽の融合について講演いたします。

Organized by Aino University & Educational Foundation Aino Gukuin

Planning ;Ysaye Society of Japan
Embassy of Belgium under the name sponsorship projects
14:00~11th Aug. at 
Aino hall
Music of Ysaye & Psychological interpretations
Performer;
   Vn.Shion MInami
   Vn.Seiji Okamoto
   Pf.Hibiki Tamura
Speaker;
Dr.Masatoshi Takeda/President of Aino University

●イザイ・悲しみの詩曲  
Eugène Ysaÿe; Poème élégiaque, op.12 
●ショーソン・詩曲  
Ernest Chausson; Poème
●武田雅俊;お話/Lecture 
●バッハ: 無伴奏パルティータ第3番プレリュード(Okamoto) J.S.Bach: Violin Partita No.3 in E major, BWV 1006 , Prelude
●イザイ: 無伴奏ソナタ第2番 
Sonate pour violon seul, op. 27-2
●イザイ: 無伴奏ソナタ第3番  
Sonate pour violon seul, op. 27-3
●イザイ:子守歌op.20  
Berceuse
●イザイ:子供の夢op.14 Rêve d’enfant

医療法人清和会・長田病院主催コンサート(入場無料)★水の郷ホール(福岡県柳川市)

<2017年6月3日(土)午後2時00分開場午後2時30分開演

Vn渡辺玲子+Pf橋本京子の共演によるコンサート

.水の郷コンサートポスター 

★北九州黒崎ライオンズクラブ主催・日本イザイ協会協力

18341762_1314654525256385_3391231002371195850_n

★2017年7月12日(水)18時30分開演
Vn.松本さくら Pf.永田郁代
★チャリティコンサート&パーティ@マリコレ(北九州市八幡東区東田5-2-12 駐車場120台(無料)JR八幡駅より無料送迎バス(要予約)
入場料8000円 (食事&フリードリンク)
問合せ先 北九州黒崎ライオンズクラブ事務局
093-661-5221

Let’s enjoy,Music & Freindship!

収益は当協会活動資金ならびにライオンズクラブYCE生海外派遣事業へ寄付されます。

<12th Aug, 2017 Charity Concert & Party@Maricolle>
Performance by Sakura Matsumoto and Ikuyo Nagata

Kreisler:Tempo di Minuetto,Liebesleid,Syncopation,
Ponse-Heifetzas:Estrellita etc.

ページトップへTOP