日本イザイ協会 ロゴ

日本イザイ協会

トップページ > イザイ音楽祭ジャパン&主催コンサート

 

 

生誕160周年記念【イザイ音楽祭ジャパン】2018

主催・日本イザイ協会 Ysaye Society of Japan  共催・ベルギー王国大使館 Embassy of Belgium in Japan

後援・在日フランス大使館/アンスティチュフランセ  外務省 日本・ベルギー大使館 福岡県

 

 

2018年はベルギーのヴァイオリン奏者で作曲家、またヴァイオリン奏法におけるベルギー楽派の第一人者として名高いウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の生誕160年にあたります。イザイが残した偉大な功績はその弟子たちに伝えられ、今なお新しい世代の音楽家に影響を与え続けています。

生誕160周年を記念し、日本イザイ協会は、共催の在日ベルギー大使館とともに、「イザイ音楽祭ジャパン2018」を福岡(10月18日)と東京(20日)で開催いたします。この音楽祭は、2017年にベルギーで行われた「クノック・イザイ国際音楽祭」との綿密な連携と協力により準備され、ベルギー、フランス、そして日本より、トップレベルの音楽家を迎えて開催されます。

「イザイ音楽祭ジャパン2018」は、ベルギーと日本の文化による絆をさらに深める音楽イベントとなると確信しています。音楽を愛する多くの方々に、イザイの世界に親しみ、楽しんでいただけることを願っております。

 

 

ギュンテル・スレーワーゲン  駐日ベルギー大使

 

 

http://ysayemusicfestivaljapan5.webnode.jp

【コンサート】10月18日福岡FFGホール 10月20日東京文化会館小ホール  

 Vn.Philippe Graffin(音楽監督)Vla.今井信子Vn.加藤知子Vn.小林美恵Vc.岡本侑也Pf.水本 桂

【講演・パネルディスカッション】 10月22日18時~  桐朋学園大学仙川キャンパス333室

 Michel Stockhem Philippe Graffin 石井志都子 酒井健治

【マスタークラス】10月23日17時30分~ 東京藝術大学第1ホール  Philippe Graffan

 

sample_front

**************************************************************************

GODIVA Belgium 1926_LF GOLD

 

 

 

 

 

********************************************************************

26731199_10214119914965957_6881045165530399637_n

2018年はイザイ生誕160周記念です。これを記念して、ベルギーのイザイ国際音楽祭(Ysaye’s Knokke)の姉妹音楽祭として

「イザイ音楽祭ジャパン」を2018年10月に東京と福岡で開催します。

 

チケットぴあ発売中☎0570-02-9999 Pコード107388

2018年10月18日:コンサート  FFGホール(福岡銀行本店地下) /19時開演
2018年10月20日:コンサート  東京文化会館小ホール /19時開演

 

聴講の申込み受付中☎090-7467-4051

2018年10月21日:マスタークラス    2018年10月23日:マスタークラス 東京藝術大学第1ホール
2018年10月22日:講演&パネルディスカッション 桐朋学園大学仙川キャンパス333室

 

 

 

イザイ国際音楽祭(姉妹音楽祭)プログラム冊子 2017年

21743098_1434274346627735_2520800778067162029_n

https://www.myknokke-heist.be/sites/default/files/editor/files/ysaye_cataloog_200x260_web_0.pdf

 

音楽監督: フィリップ・グラファン Philippe  Graffin

Philippe Graffin-Violin Photo: Marco Borggreve always credit

Philippe Graffin-Violin
Photo: Marco Borggreve always credit

この度、日本イザイ協会と永田郁代さんの多大な尽力によりイザイ音楽祭ジャパン開催に至り、日本を訪問できることは私にとって大きな喜びです。    

ウジェーヌ・イザイの遺産がその死のほぼ90年後の現在にまで世界中の私たちの音楽に響き続けていることに畏敬の念を感じます。彼の音楽を通して、彼の教えを通して、彼の同時代の作曲家との共作を通して、響いているのです。

19世紀の最も並外れた2人のヴィルトゥオーゾ、ヴュータンとヴィエニャフスキの弟子であるイザイは、ヴァイオリニストとして彼らの跡を追っただけではなく、自らをして同時代の最も霊感を受けた作曲家たちとの共作に取り組み、そしてそれゆえに私たちが知る今日のヴァイオリン奏法を創り上げることができたのです。

私はイザイ音楽祭に素晴らしい音楽家の方々が出演されることに大変感銘を受けています。変わることのない若々しい好奇心と熱意を持ち続けるビオラ奏者の今井信子さんは、長年私に多大なインスピレーションを与え続けてくださった特別な存在です。ドビュッシーの弦楽四重奏を共演する夢が実現します。とても感受性豊かな音楽家で素晴らしいピアニスト水本桂さんのイザイ音楽祭への貢献なしでは起こらなかったでしょう。

長年の音楽仲間と、そして個性豊かな素晴らしい日本の音楽家たちと共演できることを心から光栄に思っております。                  

2018年2月 パリにて   フィリップ・グラファン

it is a great joy to visit Japan thanks to the Ysaye Society of Japan and Mme Ikuyo Nagata.                I find it humbling that Almost nine decades after his death Eugene Ysaye ‘s legacy is still resonating within our musical community around the globe . Resonating thru his music ,thru his teaching and thru his collaborations with composers of his time .

A students of two of the most extraordinary virtuosos of the 19th century , Vieuxtemps and Wienawski , Ysaye did not only follow their paths as a violinist but made himself available to collaborate with some of the most inspired composers of his time , and in so doing invented the violin as we now know it today .
I am deeply honoured to be joined with such an impressive list of unique artists . 
Not least Nobuko Imai , who ‘s eternal youthful curiosity and enthusiasm have been a profound inspiration to me for so many years, 
and with whom the prospect of playing the Debussy quartet is simply a dream come true . 
no less Katsura Mizumoto who is not only a most sensitive musician and a superb pianist but without whom this Tribute to Ysaye would not have happened. 

Philipp Graffin ,

Paris , february 2018.

***************************************************************

ヴィオラ: 今井信子  Nobuko Imai

Nobuko Imai Photo: Marco Borggreve

Nobuko Imai
Photo: Marco Borggreve

 

「このフェスティバルのリーダーをつとめるフィリップ・グラファンさんとは数十年来の付き合いで、

国際的に活躍する真の音楽家として大変尊敬しています。また彼の天才的な独創力と、音楽と人に対する真摯な態度にいつも感動します。

彼が日本でイザイのフェスティバルを始めるというのは画期的な事で、そのような機会を日本の聴衆の皆様と共有出来る事を私も大変嬉しく、楽しみにしております。」    

                                                                                                                  今井信子

 

**********************************************************

 

 

 

 

 

 

◆主催コンサート◆

★バッハとイザイの無伴奏チェロソナタ

【向山佳絵子+伊藤悠貴チェロDUO リサイタル】 

2017年12月9日(土) 19:00開場19:30開演
かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール

第10回カサド国際チェロ・コンクール優勝以来、ソロ室内楽多岐にわたる活躍は常に話題を集め、演奏活動30周年の節目を迎える向山佳絵子のバッハ無伴奏組曲第5番、
第17回ブラームス国際コンクールで優勝以来、ロンドン拠点に活躍めざましい伊藤悠貴によるイザイ無伴奏ソナタ、
前半は、公演のメインプログラム“バッハとイザイの無伴奏「ハ短調」”、後半は、名手バリエール、ポッパー、パガニーニの作品を、師匠ダヴィド・ゲリンガスから受け継いだお二人がスケールの大きな、鮮やかな音色で夢の協演を繰りひろげる。

チェロという楽器の未来に可能性をもたらしたバッハ、20世紀にバッハと同じ役割を果たしたイザイ、バッハとイザイのチェロ無伴奏のうち同じ調性「ハ短調」を持つ2曲を選び、バッハが組曲第5番の演奏で調弦を変えるよう欲した理由、そしてイザイがバッハに感化され「ハ短調」で追究し描いた世界、作曲家は調性をどう選ぶか、「作品」のキャラクターと調性の関係、調性の持つ色あいや印象など、和やかなトークや解説ノートのなかで数々の疑問にも触れていきます。これは本当に聞き逃せません。

 

Bach:Suite for Cello Solo No.5 in C minor  

バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番 c moll
Ysaye:Cello Solo Sonata     
イザイ:無伴奏チェロソナタ c moll
***************
Barriere:Sonata for 2 Cellos in G Major 
バリエール:2本のチェロソナタ
Popper:Suite Op.16 for 2 Cellos
ポッパー:組曲 作品16 より
Paganini:Mose-Fantasia for 2 Cello 

flyer_A4_04_Page_1 (2)flyer_A4_04_Page_2 (2)

 

◆主催コンサート◆

★日本・ベルギー友好150周年記念公式催事 【ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサート】 in北九州 & inブリュッセル

●2016年12月22日「ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサートシリーズin北九州」

黒崎ひびしん大ホール

Vn.南紫音 Vn.弓新 Vn.会田莉凡 Vc.伊藤悠貴 Pf.永田郁代 

 

 

●2016年11月18日「ベルギーの至宝・イザイの名曲コンサート in Bruxelles」 

楽器博物館コンサートホール Musee des Instruments de Musique 

Vn.NoeInui Vn.弓新  Pf.永田郁代

 

●2016年10月19日 「ベルギーの至宝・イザイ名曲コンサートin北九州」

 Vn.会田莉凡 Vn.福崎雄也 Vn.松本さくら Vc.伊藤悠貴 Pf.永田郁代 

 北九州芸術劇場小ホール 19時開演

15673046_1186594854729020_887423883111674949_nysaye_20161118

 

 

 

 

◆主催コンサート◆

★ショパンとイザイの「バラード」をめぐって【Vol.2】

2016年3月13日(日) 14時30分~ 
東京藝術大学第6ホール

 

日本イザイ協会による企画第2弾となる今回は、ショパン作曲の『バラード第1番』と、その、イザイによる編曲版(ヴァイオリンとピアノのデュオ)、そして、イザイ作曲の『無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番・バラード』の関連性を、演奏とレクチャーの両面から探っていきます。「ピアニスト・ショパン」が作曲したバラードと「ヴァイオリニスト・イザイ」が作曲したバラードには、ヴィルトゥオーゾ演奏家として活躍した2人の作曲家ならではの特性がそれぞれ現れています。イザイは、ショパンの個性的なバラードを学ぶことで、ショパンのバラード観を受け継ぎつつも、みずからの個性を盛り込んだバラードを作り上げました。全部で6曲ある無伴奏ヴァイオリンソナタのうちの1曲でありながら、同時に、イザイなりのバラード観が示された興味深い例がここにあります。そして逆に、イザイのバラードを通して、ショパンのバラードを再発見することも出来るのです。当日は、素晴らしい演奏を聴かせて下さる岡本さんと江口さんに、演奏家としての視点からお話を伺いながら、ショパンとイザイという、意外な組み合わせによる作曲家のバラードの魅力について、探っていきたいと思います。

レクチャーコンサートVol2 おもて 2-2レクチャーコンサートVol2

<お申込み方法>

参加ご希望の方は演奏会参加費用を下記へお振込みください。
ゆうちょ銀行振込受領書が当日の“入場許可証”となりますので、会場の受付にご持参ください。

<振込先>

※振替口座(日本イザイ協会)
01790-4-128453

※備考欄に連絡先電話番号・メールアドレスをご記入ください。
後日、お知らせをいたします。

 

 

◆主催コンサート◆

★ショパンとイザイの「バラード」をめぐって【Vol.1】

2016年1月16日(土 )  14時30分~

ドイツ文化会館 OAGホール (東京都港区赤坂7-5-56)

Vn.Mie Kobayashi 小林美恵  Pf.Akira Eguchi 江口玲

レクチャーコンサートVol.1 おもて Finalレクチャーコンサート Vol.1 うら Final 修正-2

1913362_788328337868585_296976046888288868_o

2016年1月16日(土)東京ドイツ文化会館 OAGホール 14時30分~ 

プログラム

 イザイ:子供の夢 op.14
 ショパン:バラード第1番 op.23
 ショパン(イザイ編曲):バラード第1番 op.23
 イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番「バラード」 op.27

ほとんど『無伴奏ヴァイオリンソナタ』のみでしか知られていない作曲家・ヴァイオリニストのイザイは、ショパンの『バラード第1番』をヴァイオリンとピアノのデュオに編曲しています。バラードという器楽曲のジャンルそのものを代表する名曲の一つであるショパンのこの作品、イザイによるこの作品の編曲版、そして、イザイの『無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番・バラード』の3つの「バラード」を通して見えてくる共通点と差異、影響関係を、演奏と解説を通して探っていきたいと思います。そのことにより、ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾとして語られることの多いこの音楽家の、作曲家・編曲家としての業績の偉大さがクローズアップされてくるはずです。

 

【関連コンサート】

★イザイ国際音楽祭(Ysaye’s Knokke)

 

イザイ音楽祭がベルギーのクノック・ヘイストで4日間にわたり、フィリップ・グラフィンPhilippeGraffin芸術監督の企画で開催されました。

 

 

21743098_1434274346627735_2520800778067162029_n21740071_1434274349961068_5780120457821363092_n21761409_1434274399961063_6698313004408419167_n21743130_1434274499961053_4813592072554581785_n21463250_1434711336584036_5872129049511493493_n21463170_1434711459917357_5739424939552149533_n21743263_1434711409917362_3836229300984805827_n21557822_1434711813250655_4146467625944420203_n21557867_1434711666584003_3432432410051086378_n21462833_1434712313250605_6263296420902353651_n21751514_1434711786583991_7831807395224809098_n21557426_1434711799917323_2289951791266564671_n 21742803_1434711246584045_3145501675256902036_n21761820_1434711676584002_8869875924998416821_n21558642_1434712013250635_58166769190491216_n21740381_1434712053250631_6383378464542234939_n21557776_1434711939917309_5783500232691945186_n21743023_1434712156583954_7123359568636007001_n21742990_1434712133250623_369101284745203697_n21751307_1434712126583957_6764341714398416926_n21761804_1434712226583947_1996070959131008380_n21462833_1434712313250605_6263296420902353651_n

 

 

 

 

★藍野大学・学校法人藍野学院 主催
日本イザイ協会特別企画・ベルギー大使館後援
(藍野学院)イザイの音楽と心理学_チラシ_最終-1(藍野学院)イザイの音楽と心理学_チラシ_最終-2
8月11日(祝)14時開演★コンサート&講演★ 
入場料1000円当日1500円(チケット代金はすべて特定非営利活動法人AMDAへ寄付されます)

Vn.南紫音Vn.岡本誠司Pf.田村響(敬称略)新進気鋭の演奏家たちによるイザイ作品の演奏、そして世界の精神神経学会をリードする武田雅俊藍野大学学長(当協会理事)が心理学と医療と音楽の融合について講演いたします。

 

Organized by Aino University & Educational Foundation Aino Gukuin

Planning ;Ysaye Society of Japan
Embassy of Belgium under the name sponsorship projects
14:00~11th Aug. at 
Aino hall
Music of Ysaye & Psychological interpretations
Performer;
   Vn.Shion MInami
   Vn.Seiji Okamoto
   Pf.Hibiki Tamura
Speaker;
Dr.Masatoshi Takeda/President of Aino University

●イザイ・悲しみの詩曲  
Eugène Ysaÿe; Poème élégiaque, op.12 
●ショーソン・詩曲  
Ernest Chausson; Poème
●武田雅俊;お話/Lecture 
●バッハ: 無伴奏パルティータ第3番プレリュード(Okamoto) J.S.Bach: Violin Partita No.3 in E major, BWV 1006 , Prelude
●イザイ: 無伴奏ソナタ第2番 
Sonate pour violon seul, op. 27-2
●イザイ: 無伴奏ソナタ第3番  
Sonate pour violon seul, op. 27-3
●イザイ:子守歌op.20  
Berceuse
●イザイ:子供の夢op.14 Rêve d’enfant

 

医療法人清和会・長田病院主催コンサート(入場無料)★水の郷ホール(福岡県柳川市)

<2017年6月3日(土)午後2時00分開場午後2時30分開演

Vn渡辺玲子+Pf橋本京子の共演によるコンサート

 

.水の郷コンサートポスター 水の郷コンサートポスター裏

 

★北九州黒崎ライオンズクラブ主催・日本イザイ協会協力

18341762_1314654525256385_3391231002371195850_n

★2017年7月12日(水)18時30分開演
Vn.松本さくら Pf.永田郁代
★チャリティコンサート&パーティ@マリコレ(北九州市八幡東区東田5-2-12 駐車場120台(無料)JR八幡駅より無料送迎バス(要予約)
入場料8000円 (食事&フリードリンク)
問合せ先 北九州黒崎ライオンズクラブ事務局
093-661-5221

Let’s enjoy,Music & Freindship!

収益は当協会活動資金ならびにライオンズクラブYCE生海外派遣事業へ寄付されます。

<12th Aug, 2017 Charity Concert & Party@Maricolle>
Performance by Sakura Matsumoto and Ikuyo Nagata

Kreisler:Tempo di Minuetto,Liebesleid,Syncopation,
Ponse-Heifetzas:Estrellita etc.

ページトップへTOP